dc041001 ブログ.jpg

輻射暖房の利点とは?

2006/10/13 Fri

住宅内の中に温度差をつくらず、何処でも一定に近い温度設定にするには、やはり高温度で熱を供給する個別暖房よりも、できるだけ放熱を分散させ、しかも低温度で供給する床暖房や温水パネルヒーターなどのセントラルヒーティングが理想的です。

この方式は、ボイラーで暖められた温水を利用することから、やわらかい暖房感が得られ、室内も均一に暖まりやすいという輻射暖房ならではの特色があります。
しかも、部屋でじかに火を使うことがないために空気もよごれません。

しかし、同じ輻射型でも床暖房は、室内が均一に暖まるものの、窓際などでは冷気の影響によって寒さを感じたり、結露を発生させる場合があります。

また、春先や秋口などは微妙な温度制御が難しく、安定した室温も保ちにくいといった短所もあげられ、目に見えない床下に設置設置されるため、将来にわたるメンテナンスの難しさがあります。

84zgmwndaxmdhhbm4gihqi.jpgこれらの問題は。温水パネルなどとの併用により解決されますが、あらかじめ住宅全体の設計などからも慎重に検討しておきたいところです。


その点、パネル式のセントラルヒーティングは、各部屋の最も冷える部分の窓下に取り付けられるために、コールドドラフト(冷気)を防いで、その外壁面の平面輻射温度を高めて、効果温度を増し、暖房温感をより増幅させるといったメリットがあります。

室温を低めに設定しても、あまり寒さを感じないのはそのためなのです。


FFストーブなどでは、平面計画上様々な制約を受けることになりますが、それに比較してこのシステムの場合は制約も少なく、自由な設計が可能になります。

●写真は和室の窓下に取り付けられた温水パネルヒーター
写真提供:(リードエンジニャリング) (パネルヒーター:ピーエス㈱)
84kmeww4lmloskcidrq.jpg
●輻射暖房の比較


いつもご購読、応援ありがとうございます。
ブログランキングに参加中しています。



       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

急激に寒くなって参りました。

夜から冷え込むなぁ…と思っていたので羽毛布団を引っ張りだしました。 案の定、朝の冷え込みが酷くぬくぬくの布団から出られない季節の到来です…。 凛とした空気は嫌いじゃないですが、寒さ嫌い&激弱い道産...

コメント

Secret

プロフィール

昆寛(コン ヒロシ)

Author:昆寛(コン ヒロシ)
住まい環境プランニング:技術顧問
(設計事務所:高性能住宅専門)
希林舘自然クラブ(代表)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング
カテゴリー
住まいの達人ブロガー&HP
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FaceBookファンページ
エコハウスコンテスト
省エネ×健康マップ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
俺の家は高性能!
track feed 俺の家は高性能!