dc041001 ブログ.jpg

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天窓の雨漏り

2013/03/08 Fri

天窓は採光の他に意識的に通風(換気)を考慮して設置しているため、我が家では天気のいい日など、ほぼ毎日開閉して通風(換気)に利用しています。
dc030809 コピー1
その天窓は最近雨漏りがするようになりました。
どんな現象か?というと、雨が降ると必ず漏るのではなく風が強い時に写真のように雨の滴が右隅に現れますが、天窓を数回開け閉てをすると・・・ピタッと止まったりする現象なのです。
雨が漏るということは隙間が存在することになり、この隙間が暖房の大きな石油消費量増加の一つの原因になります。実際に室温が22℃あっても天窓の下にいるとコールドドラフトがシャワーのように降り注ぐコールドシャワーが体感でき寒さを感じるようになります。
681kweoypbeqyg_20130308141845.jpg
そこで、屋根に上がって天窓を開けてチェックしてみました。
指を指している部分が問題となる部分のようですが見た目ではゴムパッキンはしっかりしていて劣化しているように見えません!?そこで、この天窓部分を熱カメラで撮影し熱画像を見て原因の検証をします。
隙間があれば・・その部分は外気近い温度になるため表面温度は極端に低下している筈です。

その熱画像はこちら↓
コピー (1) ~ dc030801天窓の周囲の屋根面の表面温度は同じ22℃になっています。
上下の写真の決定的な相違は窓の周囲に濃いブルー色(低い表面温度)が現われていることです。

この部分の表面温度は8℃〜10℃前後を示していて、隙間があるため外気温に影響されて表面温度は低下しています。

この隙間がさらにコールドドラフトを助長させて、天窓の下に座って居るとシャワーを浴びているような強い冷気を感じさせている原因なのです。それでも天窓から少し外れて座ると、そのコールドドラフトはさほど感じなくなります。部屋の室温は22℃あります。屋根面の表面温度は21℃です。


実は昨年までは全室室温は20℃で保たれていましたが、天窓があるリビングではこのコールドシャワーが原因でパネルヒーターの温度設定を一目盛り上げて対処しないと22℃の暖かさをキープすることができなくなりました。

当然、石油の消費量も増加することになり省エネになりません。

下図は天窓の横断面図です。パッキン材(二か所)がメンテナンスするポイントです。
dc030801.jpg
築10年前後になると、天窓のゴムパッキンの劣化は必ず起こりますので、我が家のようにならないように早めに交換(メンテンナンス)をしたほうがいいでしょう。


その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

Re: 窓のメンテナンス時の注意点

> いつも大変勉強になります。
> ゴムパッキングを交換する際は気密シートなどの気密材に影響はないのですか?
> ある場合はどのように気を付ければよいのでしょうか?

天窓とかサッシのガラス等のゴムパッキンは気密シートに連結するための気密部材でないので影響はありません。
影響があるとすれば、合板気密工法とか外張り断熱、あるいはサッシを交換するようなリフォーム、増築などで一部解体する必要がでてくる場合には影響がでてきます。

窓のメンテナンス時の注意点

いつも大変勉強になります。
ゴムパッキングを交換する際は気密シートなどの気密材に影響はないのですか?
ある場合はどのように気を付ければよいのでしょうか?
プロフィール

昆寛(コン ヒロシ)

Author:昆寛(コン ヒロシ)
住まい環境プランニング:技術顧問
(設計事務所:高性能住宅専門)
希林舘自然クラブ(代表)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング
カテゴリー
住まいの達人ブロガー&HP
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FaceBookファンページ
エコハウスコンテスト
省エネ×健康マップ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
俺の家は高性能!
track feed 俺の家は高性能!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。