dc041001 ブログ.jpg

付加断熱工法住宅を熱カメラで見る①

2012/03/21 Wed

付加断熱工法で施工し、完成した住宅を熱カメラで検証してみました。
現場名は2012年3月に完成した(有)山井建設:設計施工のO邸(Ⅱ地域)熱損失係数(Q値)1.45W/㎡・Kで次世代省エネ基準のⅠ地域の1.6W/㎡・Kより熱ロスが少ない値になっています。
気密性能(C値)は気密試験の結果0.23c㎡/なので高気密住宅あることがわかります。
(外気温は-2℃ /室内の温度は21℃の条件でAM5:00に外部から測定)

$R2P1PVV.jpg
①南面に朝日が当たる直前つまり日中外壁に日差しによる熱の影響を受けない状況での測定の結果がこれ!赤黄色い部分が開口部(窓:Low-Eガラス)の枠で青黄色か黄色になっている部分がガラスで室内の熱が外部に放射されていることがわかります。
屋根の軒天廻り、基礎廻り付近、外壁は漏気による熱が少ないことがわかり断熱・気密性能が高いことを証明できる画像となっています。

②外壁左面の表面温度が高くなっていますが、その原因は次の熱画像↓
29組写真 - コピー
これは第三種の換気システムの排気口から排出される熱が周囲の外壁面の表面温度を上げています。

③この写真は北側から撮影したものです。
98組写真 - コピー
1Fの黒い部分が暖房のヒートポンプ、配管部の発熱の様子が赤く見えます。
34組写真
④これは軒天の方を見上げている写真です。開口部のPVCサッシ窓からは排熱されているものの全体として断熱欠損が少ないことを示しています。
これは「次世代省エネ基準をクリアする付加断熱工法のなせる業です。

熱カメラで見ることで人間の眼に見えない不思議な熱の世界が見ることができます。
なによりもごまかしが利かない断熱の施工の良し悪しがよく見えます。

●建築の設計施工は(有)山井建設
●熱環境(断熱・気密・換気・暖房)の設計。監理は弊社:住環境アルテの設計技術部
●次世代省エネ基準Ⅰ地域仕様(建設地はⅡ地域)
●熱損失係数Q値=1.45W/㎡・k
●床面積:150.57㎡ 気積:376.33&㎥
●屋根:グラスウール(パラマウント硝子工業)240mm
●外壁:グラスウール105mm+付加断熱32kg/㎥品45mm
●基礎:基礎断熱土間床工法防蟻用スタイロフォーム(B3)75mm
●基礎:外周⇒防蟻用スタイロフォーム(B3)50mm(床全面に敷設)
●気密部材:土台気密パッキン、先張り気密ート、気密シート他(ジェイベック
●開口部気密部材:ノルシールV754
●合板気密用パッキン:ノルシールV754
●気密テープ:寺岡製作所
●気密コンセント:日本住環境
●換気システム:日本住環境
●防蟻用ハイプレンフォーム:三井化学産資
●暖房(HRヒーター): ピーエス㈱盛岡


その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ


関連記事

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

昆寛(コン ヒロシ)

Author:昆寛(コン ヒロシ)
住まい環境プランニング:技術顧問
(設計事務所:高性能住宅専門)
希林舘自然クラブ(代表)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング
カテゴリー
住まいの達人ブロガー&HP
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FaceBookファンページ
エコハウスコンテスト
省エネ×健康マップ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
俺の家は高性能!
track feed 俺の家は高性能!