dc041001 ブログ.jpg

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高性能住宅を建てた理由

2006/08/02 Wed

高性能住宅
平成8年に新築した我が家です。

この頃の岩手は2×4住宅(輸入住宅)、在来構法、断熱工法でいえば内断熱(充填断熱)、外断熱(外張り断熱)が主流で高気密高断熱住宅の工法競争が真っ盛りでした。
(また顕著に建築業界の景気が悪くなり始めたのもこの年だったと記憶しています)

平成7年の完成見学会で営業マンのサポートとして展示場にいた時
お客様からドキッとする質問があったのです。

「どの会社の展示場でも我社の○○工法は冬暖かくて、夏涼しくて快適な住宅で省エネ住宅すよ!自然素材を使っていて24時間換気ですから空気は奇麗です・・と勧められるが勧める方が高断熱高気密住宅に住んでいないで本当に良さがわかるのか?」という単純な質問です。

なるほど、お客様がおっしゃる通り私を含めて会社の人間は誰一人自慢する高断熱高気密住宅に住んでいないです。
(所謂、低断熱低気密住宅か高断熱低気密住宅にに住んでいるのです。)

営業トークではあたかも自分も住んでいるかのごとくの説明をしますが、微妙な感覚の問いについては曖昧な回答になります。

断熱性能は熱計算でQ値(熱損失係数)が算定できるし、気密性能は気密試験をすればC値(単位隙間相当面積)が計算されシルクハウス対策ではホルムアルヒデド、キシレン等の有害物質が放散されない建材を使って濃度測定もしていましたが・・・そんな説明では足りないのです。

そうです。

住んでみないとわからない・・・・住環境の説明です。
そんな事があって我が家を実験棟として建てることにしました。
(不景気に突入した頃ですから公庫のローン支払いはできるのか大変心配しましたが)

次世代省エネ基準をベースにして環境共生住宅を意識して計画しました。
平面図(間取り)は家内が作成して、断熱、気密、換気、暖房については私が計画し設計管理は岩手の設計事務所さんにお願いして現場管理は私です。

さて、その住環境はどうなのか? 
次回からは住んでみての体験を通して、
住環境を科学的に検証するレポート開始です。
関連記事

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

コメント

Secret

プロフィール

昆寛(コン ヒロシ)

Author:昆寛(コン ヒロシ)
住まい環境プランニング:技術顧問
(設計事務所:高性能住宅専門)
希林舘自然クラブ(代表)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログランキング
カテゴリー
住まいの達人ブロガー&HP
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FaceBookファンページ
エコハウスコンテスト
省エネ×健康マップ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
俺の家は高性能!
track feed 俺の家は高性能!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。