FC2ブログ
インフォメーション
住まい環境プラニングは国内唯一の高気密性能を担保できる気密施工マイスターを育成する設計事務所です。 高性能住宅の熱環境分野に携わって28年、理論と実体験に基づいて省エネ住宅の開発研究、普及に努めております。住宅に大切な結露対策は得意分野、結露のトラブルも解決いたします。

冬に見る断熱、気密性能のものさし

ツララ」は冬の風物として愛着のあるものです。

昔は田舎の茅葺の家などの軒先は1mものツララが垂れ下がり
棒でたたいて落としたり、チャンバラの真似をしたり、
「ツララ」をキャンデーのように手に取って
舐めたり子供の遊び道具にもなっていたものですが

今では茅葺の家はなつかしい風景となって
あまり見かけることがなくなりました。

それでも寒い地方では冬になると「ツララ」を見ることができます。

94zgmwmja3mddhbm4gihce.jpgこの「ツララ」で
住宅の性能が
わかる・・・といったら「?」だと思います。

住宅性能には構造の安定性能(最近社会問題となっている耐震等級)、火災時の安全性能、劣化対策の性能、維持管理の配慮の等級、温熱環境の性能、空気環境の性能、光、視環境の性能、音環境の性能、高齢者への配慮の9項目の性能があります。

最近の住宅は
車の性能と同様に各項目で性能レベルを明示できるようになりました。

私の専門分野の温熱環境では
例えば車で言えば「この車は2.000ccのエンジンで1L当たり 10kmの燃費性能があります。」といったように「この家は暖冷房費が年間○○円のランニングコストです。」とか「貴方の家はCO2を○%削減に貢献します。」といった今まででは考えられない数値で性能を表示できるようになってきています。

「ツララ」はこの中の温熱環境の部分で数値ではありませんが目視で簡単に性能の良し悪しが判断できるものさしでもあるのです。

それは何故かというと

「ツララ」ができる原因には
暖房等で暖められた室内の(空気)熱が室外に流出されて、
屋根の軒先の雪を融かし、
外気温度が氷点下になると融けた雫が「ツララ」という現象を起こしています。

こんな理由で
「ツララ」ができる家は
「ツララ」がある付近に室内の熱が流出する
何らかの要因があるということになる訳です。

その原因には

隙間があるとか、
隙間がなくても断熱性能が低いといった場合に顕著に現われます。


94juu0jujejthgjuu1juffjtg1juu2jtgwj.jpg写真1:軒先に発生した「ツララ」
隙間が多い住宅の場合は1Fの隙間から外気が浸入し室内で暖められた熱は軽くなるため2Fに上昇し2Fの隙間から室外に流出します。
また窓の部分は断熱性能が低いため室内の熱の流出があるため、この付近にも「ツララ」が発生しやすいのです。






94juu0jujejthgjuu1juffjtg1juu2jtg_2.jpg写真2:住宅性能が簡単にわかる例
一方右の住宅は断熱りフォームして隙間が少ないため屋根の雪が融けないで積もったままの状態になります。

●日本ではCO2削減のため欧米並みに住宅の高性能化が進んでいますが
近い将来住宅での「ツララ」の風物詩も完全になくなることだと思います。

ツララを見ることができないのは淋しい気がしますが地球温暖化防止に貢献している証になるのです。


いつもご購読、応援ありがとうございます。
ブログランキングに参加中しています。



       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

theme : 生活・暮らしに役立つ情報
genre : ライフ

プロフィール

昆寛(コン ヒロシ)

Author:昆寛(コン ヒロシ)
住まい環境プランニング
(高性能住宅設計:技術顧問)
住環境アルテ:代表

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログランキング
FaceBookファンページ
エコハウスコンテスト
検索フォーム
QRコード
QR
俺の家は高性能!
track feed 俺の家は高性能!