dc041001 ブログ.jpg

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オール電化で「古民家再生」

2006/11/30 Thu

昔の古い茅葺の家には土地に合わせた工夫、
昔ながらのパッシブシステムがありました。

例えば岩手の南部曲がり家と呼ばれる形態です。
母屋と馬屋が合体したもので、
大事な馬の様子を家族が居間から眺められるようになっています。
109zjawnja1njlfmjixndiymzdd.jpg屋根は(写真1)
厚い茅葺で断熱効果もあり、茅を葺いていない煙り出しの破風と呼ばれる部分は、必ず馬屋の方についていました。そのため反対側のある炉やかまどの暖かい煙は、馬の背を暖めてから出て行きます。

冬場に使う薪は北側の壁に積まれて、冬の間は薪そのものも断熱材の役目もはたしていました。藁(わら)や籾(もみ)を混ぜた粘土を敷いた土間も保温性のある床でした。
また雪深い地域では自然に雪が落ちるように屋根の傾斜は急な作りになっていましたし、豪雪地帯では積雪によって明かりが途絶えないように高窓を設けていました。

内陸の風の強い地域では屋敷森と呼ばれる防風林を構えたり、板葺きの屋根には石を置いて屋根が飛ばないようにしていました。
そして茅葺の作業は地域住民が助け合って葺きかえをしていました。

現在ではこうした古民家もリォームで茅葺屋根がトタンに張り替えられ、土壁も窯業系サイディング変わり住環境は昔のままで(寒ささ暑さは変わらず)昔の家の面影もなくなっています。

こうした数少ない茅葺古民家の再生に情熱をもって古民家リフォームに挑戦している若き設計士が(美建設計事務所)がいます。)

古民家再生といっても、古い物を単に新しくするといったリフォームでなありません。
基本には断熱、気密改修があって換気と暖房の4要素を組み込み住環境を良くする
オール電化古民家に再生するというものです。

きちんとした知識と経験がないと簡単にできないハードルの高いリフォームです。
外観は昔の家で、室内の住環境は快適空間・・素敵だと思いませんか?

109zjawnja1njlfmjixnji3mjhjoa.jpg写真2は
古民家再生プロジェクトで全国第22回住まいのリフォームコンクールにて優秀賞を受賞した盛岡市金澤邸の居間の完成状況・・・・既存の梁、柱をそのまま利用し介護及び高性能住宅にリフォームした作品。

断熱、気密の施工方法は屋根は居間部分は屋根断熱、その他は天井断熱、壁は土壁そのまま残したいため、内部側から外断熱工法(土壁と発砲系断熱材との間に通気層を設け)、床は発砲系断熱材を根太の間に挟みこみ気密シートを使い気密化を図った。隙間相当面積は1.8cm2/m2で次世代省エネ基準の 2.0cm2/m2をクリヤーしている。

換気は第三種換気システムを採用、暖房は温水パネルヒーターを採用している。
興味のある方はにアクセスしてみては。
(ちなみに私は断熱、気密の技術指導と換気工事を担当しました。)





いつもご購読、応援ありがとうございます。
ブログランキングに参加中しています。



       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

気密住宅の性能の差は施工の気遣いだ!(内断熱編1)

2006/11/28 Tue

充填断熱での気密の施工が初めてだという建築会社さんの気密、断熱の指導をすることになりました。
設計は盛岡市の植田優建築工房さんで新在来木軸構法の合板気密工法を採用しています。

●次世代省エネ基準Ⅱ地域仕様
屋根:グラスウール(パラマウント硝子工業)200mm
外壁:グラスウール100mm+付加断熱25mm(露断)
基礎:基礎断熱土間床工法スタイロフォーム(B3)50mm
気密部材:土台気密パッキン付先張りシート他(ジェイベック)
開口部気密部材:マドエース(タイガー産業)
合板気密用パッキン:タイガー産業
気密テープ:寺岡製作所
気密コンセント:日本住環境

充填(内)断熱工法で気密性能を高めるには先張りシートが基本です。


104k3mr5jdmk1yc6inwgvudz0rtqzayodq5.jpg写真1
土台の先張りシート施工の状況です。

根太の受け金具の部分の両サイドにテープで補修が見られますが、これは土台に予め金物工法のため受け金具がついた状態で先張りをしたため、その金物の部分をカッターで切り取っただけの施工だったので、一旦金物を外しシートを連続させるために接続部分をテープ処理したもの。
(先にシートを張り、金物を後で取りつけるとこのようなテープ処理がいらない。)



104zg91c2fzazfnjsqqxjxt.jpg写真2
胴差し部分の先張りシート施工状況です。
1階の天井と2階の床部分の間を根太を取りつける前に予め300mm~500mm程度の幅のシートを外壁廻りをグルリと先張りします。



104rfndmdi4odnmcq.jpg写真3
胴差し部分の先張りをした後に梁等を施工した状況









104k4xwjdmkqoc6ertqzayote5dx0.jpg写真4
棟梁部分の先張り(緑のシート)をした状態。

胴差し廻りに透明の先張りシートの施工状況が見えます。










104ikqm5wukoaso4lorfndmdi5mtj6yg.jpg写真5
開口部の先張り状況













最低この位の先張りシートを施工していれば軽く隙間相当面積が1.0cm2/m2は出すことができるでしょう。

続きがあります。↓

続きを読む

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

美味しい「アカカブの漬物」を作ってみましょう。

2006/11/19 Sun

「アカカブの甘酢漬物」を作ってみました。
昔からお袋が自己流で作っているものですが
この漬物だけでもご飯が食べられる美味しいものです。


市販されている「アカカブの漬物」と一味~二味も違って
食卓に並べるとこの漬物だけは
あっという間になくなってしまうそんな味です。
スーパーで10kgで1.000円で購入できますので作ってみましょう。

●作り方は簡単ですので誰でも作ることができます。
103juuzjtgyjueyjuuzjtgyjufcjuuzjtgy.jpg
写真1:「アカカブの甘酢漬」の完成
「作り方」
1・アカカブ10kgを用意します。
2・中ザラメ(1kg入)と穀物酢(900ml)を用意します。
3・アカカブは水で洗って、好みの厚さにスライスします。
4・それを漬物容器にゴミ用のナイロンを敷き、
  その中にスライスした「アカカブ」を入れます。
5・その上に塩を一掴み入れて万遍なくかき混ぜて重し蓋を敷き、
  重石を置いて20日くらい漬けます。
6・20日過ぎたら容器に塩水が溜まるのでそれを捨てます。
7・次に中ザラメ(1kg入)をお湯で溶かします。(冷やします)
8・冷やした中ザラメ水と穀物酢(900ml)を「アカカブ」が
  入っている容器にドボドボと入れます。(かき混ぜます)
9・再度重し蓋を敷いて重石を置いて更に20日くらい漬け込みます。
10・これで完成です。

103zgmxmje2mdhhbm4lmjalmjbiuw.jpg
写真2:中ザラメ(1kg入)1袋と穀物酢(900ml)1本

103zgmxmje2mdlhbm4lmjalmjbjxq.jpg
写真3:重し蓋と重石を置く前の状態



いつもご購読、応援ありがとうございます。
ブログランキングに参加中しています。



       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

床暖房とセントラルヒーティング

2006/11/17 Fri

気密性能が5cm2/m2以下になると今までの個別暖房のエネルギー消費量で全室暖房が可能となってきますそれでも気密性能が2.0c2/m2以下の温度環境を体験すると快適な温度環境とはいえなくなります。

高い気密性能の住宅では上下の温度差は2℃前後に抑えられるのに対して、5.0cm2/m2以上の低気密住宅は室内は気流が0.5cm/秒程度発生して、10℃の上下の温度差が激しく変化します。
102zjawnja1njlfmtmzmtq5mpnv.jpg
●写真1:熱カメラで見た低気密高断熱住宅の床暖房方式
(床面だけが温度が高く壁、窓ガラスの表面温度が上がっていない状況)

この室内環境では、暖房機の側で体がほてるような熱さにしないと暖かく感じられせん。さらに隙間が多いため過剰に空気の出入りがあり、そこにガンガン暖房する訳ですから極端な乾燥状態になってしまいます。加湿器をいくらたいても解消されません。そこで気流と温度差を緩和する床暖房の方が快適に感じられるのです。

一方、気密性能が2.0cm2/m2程度になるとセントラルヒーティング(低温輻射暖房)が快適な暖房方法になってきます。このレベルの住宅で床暖房をすると、快適より不快に感じてくるようになります。

一昔前に気密住宅の普及とともに床暖房も普及した時、お年寄りが床の高い温度による低温火傷?とか便秘になった例がたくさんありました。

それでも寒さが厳しい岩手でも高気密高断熱住宅を勧めて床暖房も勧めている工務店が多いことも事実です。

(断っておきますが・・
床暖房がダメだと言っているのではありません。住宅の気密、断熱性能でお奨めするべきだと考えています。)

102zjawnja1njlfmtg0mdqynzloug.jpg
●写真2:熱カメラで見た高気密高断熱住宅のセントラルヒーティング方式
(床面と壁面の表面温度が同じ、窓ガラスの低い表面温度をセントラルヒーティングがカバーしている状況)

高気密住宅では開口部は最低でもペアガラスを標準とするようになってきています。しかし、この暖かそうなガラスでも100mmのグラスウールの1/6断熱性しかないのです。

このぺガラスが住宅の中で表面温度が一番低い部分になりヒンヤリ冷気をかんじます。さらに冷えたガラスはダウンドラフトし隙間風と勘違いするほど気流が走ります。この気流が人の身体を覆っている暖かい空気の層を飛ばしてしまうので体感温度は下がってしまいます。風の強い時に体感温度が低下するのと同じ現象です。

そこで窓ガラスを暖め表面温度が低下しないようにセントラルヒーティングを窓下に設置すると快適さを感じることになります。断熱、気密化をより高めると低温水のヒーターでも床、壁、天井の表面温度が上がり、体感温度が限りなく室温に近づき春のような穏やかな暖かさを体験することができます。


いつもご購読、応援ありがとうございます。
ブログランキングに参加中しています。



       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

花粉症が緩和される家

2006/11/15 Wed

首都圏で四人に一人が悩んでいるという花粉症への対策として東京都は13日、スギ花粉の飛散量減らすために都西部の多摩地区でスギの伐採事業に着手した。・・・・という報道がされました。
100zjawnja1njlfmte4mtq5n6hn.jpg

昨年では東京都の石原都知事が目をクシャクシャさせての「スギ花粉対策」会見は印象に残っています。

実は私の家内も杉花粉症で悩まされていた一人でした。
・・・・・と過去形ですが

何故過去形なのかというと
家を新築する前の家の側には杉の大木が数本あってその時期がくると石原都知事と同じ症状で悩まされていたのです。

家を新築してからいつの間にか「クシャクシャ目」がなくなっていたのですが
TVでのスギ花粉のニュースをみて
「そういえば、お前クシャクシャしていないな!直ったのか?」
「そういえば・・・新しい家に引越して2年目から・・直ったのかな~?」
そんな会話です。

花粉症については専門的な知識はありませんが・・・・
考えられることは家を新築してからですから我が家に花粉症に対して防御する機能がありそうです。

新築前に住んでいた家は高断熱で低気密住宅であったのであらゆる隙間を通して)風が強い時などは特に)スギ花粉が室内に入りこみむようになっていたのです。

現在は高気密住宅でちょとやそっとの外風圧で隙間を通して浸入するものがありません。

けれども計画換気システムですので外部から新鮮な空気は吸気口から取り入れていますのでその吸気口からはスギ花粉が入ってくる筈です。

実はその吸気口にちょとした仕掛けがあるために杉j花粉は従来よりカットされるようになっていたのです。

計画換気システム(第三種換気装置)に設置される吸気口で丸型と角型とがあります。

一般的には「パッコン」と呼んでいますが正式には吸気バルブといいます。
丸、角型の部分が室内側になって角型のガラリ付の方は外部側に取り付けられます。
ちなみに我が家では角型のガラリは使用しないで丸型の吸気バルブのみを設置して吸気は外壁の通気層から取り入れています。

東北では直接ガラリを通して吸気するのではなく外壁でいったん防御して使用する例が多いのです。
その「パッコン」の中に入っているのが下の写真・・・「花粉フィルター」です。

通常は黒い色で網目状のスモンジフィルターが入っているのですが花粉対策ではなく埃浸入防止に設置されています。
100zjawnja1njlfmte5mzezojzg.jpg100zjawnja1njlfmte5ndi2auw.jpg

花粉フィルターはオプションになっていますが1枚1000円程度の価格ですので第三種換気装置を設置されている方は試して見る価値ありの商品です。

**大気中に漂う花粉・粉塵**(参考)

現在、花粉症の原因となる植物は日本国内で40種類以上の報告がされています。
これらの花粉はほとんど風媒花で、風で花粉が運ばれるため開花期には大量の花粉が大気中に放散され花粉症の原因となります。
これらの花粉は呼吸器官系から吸い込まれ、鼻の粘膜等に付着すると花粉の表面や外壁にあるアレルギー原因物質(抗原)が粘膜中に溶け出し呼吸器官系の粘膜に侵入すると体内にlgE抗体が作られます。

lgE抗体とは、体内に侵入した異物を排除する働きをします。
花粉症で、くしゃみや鼻水、鼻づまりが起きるのは体を外的異物から防御するlgE抗体の働きによるものです。
ところがアレルギー体質の人は、lgE抗体の生産を抑制する遺伝子を持っていないため花粉を吸い続けると体内のlgE抗体は増え続けある水準を越えると激しいくしゃみ発作や、鼻水、鼻づまりなど花粉症の症状が発症します。
特に、ディーゼル車の排気ガスに多く含まれる微粒子が、lgE抗体増やすのではないかという説が有力になっています。

●大気中を漂う主な花粉や粉塵
「花粉」
●スギ花粉:20μm~40μmの大きさで、花粉症の発症アレルゲンの最たる物と考えられています。飛散期間は毎年2月~5月上旬。

●ヒノキ花粉:30μm~40μmの大きさで、花粉症の発症アレルゲンの最たる物と考えられています。飛散期間は毎年3月~5月下旬

●ブタクサ花粉:20μm程度の大きさで、食物アレルギーのある人にとっての花粉症アレルゲンとして知られています。飛散期間は毎年3月~5月。

●ハンノキ花粉:30μm程度の大きさ。飛散期間は毎年2月~4月。

●ネズ花粉:28μm程度の大きさ。飛散期間は毎年2月~4月。スギ・ヒノキとは別の抗体をつくります。

●カモガヤ花粉:34μm~38μmの大きさで。飛散期間は毎年2月~4月。

●SPM(Suspended Particulate Matter)空気中を浮遊する微粒子

●DEP(ディーゼル排気微粒子): ディーゼルエンジンの排気に伴って大気中に排出される化学物質。1μm~10μmの大きさで、喘息など慢性呼吸器疾患の誘因物質(原因)と考えられ、近年注目されています。

●1.3ブタジエン炭化水素:自動車などのエンジン排気ガスに含まれる発ガン性が認められる揮発性物質。またタイヤにもブタジエンゴム/スチレンブタジエンゴムとして含まれており、路面との摩擦により摩耗粉塵として大気中を浮遊しています。大きさは1μm~10μm。

●窒素酸化物:自動車排気ガスなどのエンジン排気ガスに含まれる二酸化窒素などのガス状物質。大きさは1μm~4μm。呼吸器疾患などの原因物質を考えられています。

●煤塵:工場や自動車の排気に含まれる燃えカスや、路面が摩耗することによるアスファルトやコンクリートなどの摩耗粉塵などの異物。大きさは5μm~20μm。呼吸器疾患や各種アレルギーの誘因物質と考えられています。

住宅の気密性能が
高まれば花粉症も緩和されるという実体験でした。


いつもご購読、応援ありがとうございます。
ブログランキングに参加中しています。



       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

電磁波シールド効果がある家?

2006/11/14 Tue

電磁波シールド効果がある家?
(我が家)は携帯電話での会話がしづらい家になっています。

地域的には何処でも通じる筈なのですが
家の中では通話がブツッと遮断されたり電波が弱くなったりすることがしばしばです。
電話が来ると立ちながら窓のある場所に移動しなければ最後まで会話ができません。

気密住宅に係わって25年ですがある材料を使った気密住宅で施工した場合は携帯電話が使えないとか、ブツブツ切れるといったお客様の声が数多くありました。

「気密住宅と携帯電話とは何か因果関係があるんだろうか?」
そんなことを考えていた時期がありました。

お客様から
「携帯が通じづらいんだけど!」
と言われた場合は
「気密住宅だからですよ。」
と言った曖昧な回答をしていた頃がありました。

最近その因果関係が公的機関(京都府中小企業センター)で試験された報告で知ることができました。

その試験とは※携帯電話電磁波の透過性を調査するために、電磁波シールド測定です。

■試験方法はKEC法に基づき測定(KEC:関西電子工業振興センターの略称)発信部と受信部の距離は10mm/試験室の温湿度は20℃/測定周波数110~1000MHz
私が係わっている話ですから、そのシールド材は断熱材なのです。
dc0120191.jpg写真は外断熱(外張り工法)に使われた硬質ウレタンフォームの成形板です。
我が家もこの断熱材を外張りしています。当然屋根も厚さは違えど同じ材料です。

結論を言ってしまえば
実はこの断熱材の特徴は室内側にアルミの蒸着フィルム7μmを貼り、外部側に撥水処理を施したクラフト紙を貼っていて、中間にウレタン材がサンドイッチにされたものです。

そのアルミの蒸着部分に秘密がありました。
(実は、この外張工法でこの断熱材を採用した理由は、電磁波カットを期待したのではなく、水蒸気の透過を防ぐ(防湿層+気密層)ことができることが採用のきっかけだったのですが・・)

これが電磁波シールドされる家となってしまったのです。
NTTドコモの周波数(800MHz)では
この材料を使うと68dB(99.96%)のシルード効果があります。

電磁波が健康にどう悪いのか因果関係はまだ明確になっていませんが、
アメリカでは高圧線下の家に住む住人がガンになったとい報告もありますので、
こんな場所に建てなければならない場合は有効な断熱材ではないかと考えられます。
その代わり、携帯電話が通じづらいのですが・・・・!

その材料とはクランボードAP

●実際の家では、僅かな隙間や開口部から電磁波は通過するため、99,96パーセントシールド効果があっても、携帯電話の通話のカットは完全にはできない。

こういう理由で我が家で使う携帯電話での会話はしづらいのです。


いつもご購読、応援ありがとうございます。
ブログランキングに参加中しています。



       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

カビの封じ込め作戦!

2006/11/12 Sun

暖房の時期がくると悩まされるのがカビの発生です。
カビの退治にはカビキラーなど薬剤を使ったものが多く、薬剤に敏感な人は頭痛がしたり身体に変調を起こすことがあって使うことには無理があります。
そこでカビを薬剤で退治することではなくカビの封じ込め作戦開始です。
(使用する材料が違いますがあのアスベストの封じ込めと似た感じになります。)
ただし、
根本的にはカビが発生する住環境に改善してからでないと効果がありません。


98a2fiazfnjsqqxtkc.jpg
●左写真は流し台の下にカビの発生が見られる。右は封じ込め対策完了写真。
幸い今回の事例は高気密高断熱住宅で建てられたお宅です。

「高気密高断熱住宅でカビ?」
「欠陥住宅ではないの?」
と思われるかもしれませんが・・そうではなく

奥様のお話によると、
流し台の足元の床(無垢材)にシミが出始めたので、調理の際に水をこぼしたシミなのだろう?と思っていたそうです。
水をこぼさないように調理の際に気をつけていても、そのシミは増える一方で、
そのうち、カビの匂いが感じられるようになって相談という経過のようです。

奥様は薬剤に過敏な方のため、新築の材料には自然素材を使った健康住宅、
いま流行りの無添加住宅を意識して建てられた方です。
そのため、カビを除去する薬剤を使うことができないため、
別な方法でカビに放散を防止するしかありません。

カビの発生原因は意外なところにありました。
発生場所は流し台廻りからだけです。
そこで
床下に潜り流し台廻りを点検してみると、水道管の接続部分の締め付けが弱かったため、数年の間にポタポタと落ちた雫が土間床に落ち、その周囲の土台、根太、下地合板に湿気を含ませてしまい、カビの発生となった模様です。
もともとは、高性能住宅造りの住環境でしたから、水道管の接続部分を締め直して、水の滴りを止めることで、数週間で水分も蒸発し、カビも乾いた状態になっています。
98kweoypbeqyg.jpg
左の写真の白く見える部分がカビです。
薬剤を使わないその他の方法では既存のシステムキッチンを撤去し、床材、下地材等(カビが付着している木材)を交換することも考えましたがコスト面と2日は台所は使用できなくことを考えて、封じ込めの方法となったのです。(ただ、この方法は認知されているものではありません。)
●左写真が工事前で右写真が二液性のウレタン現場発泡でカビをカバーした様子です。

98rfndmdi4ndlbq.jpg使用した材料は
三井化学産資(株)のビックハンディーホーム
一液性のウレタン発泡剤に比較して硬化が早いのが利点で平面に吹付けることで均一にカバーできるのが最高!

施工は養生からウレタン吹付け、後片付けまで2時間ほど終了。
後はすぐ通常の生活に戻ることができます。

●この現場のその後の様子はお客様からお聞きして、改めてレポートしたいと思います。






いつもご購読、応援ありがとうございます。
ブログランキングに参加中しています。



       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

プロフィール

昆寛(コン ヒロシ)

Author:昆寛(コン ヒロシ)
住まい環境プランニング:技術顧問
(設計事務所:高性能住宅専門)
希林舘自然クラブ(代表)

カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング
カテゴリー
住まいの達人ブロガー&HP
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FaceBookファンページ
エコハウスコンテスト
省エネ×健康マップ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
俺の家は高性能!
track feed 俺の家は高性能!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。