fc2ブログ
インフォメーション
住まい環境プラニングは国内唯一の高気密性能を担保できる気密施工マイスターを育成する設計事務所です。 高性能住宅の熱環境分野に携わって28年、理論と実体験に基づいて省エネ住宅の開発研究、普及に努めております。住宅に大切な結露対策は得意分野、結露のトラブルも解決いたします。

冬にわかる住宅の断熱・気密性能!

rt.jpg
家を新築する時は、誰でもきちんと施工してくれる業者に依頼したいものです。そんな時、冬にしか見ることができない雪国の現象で業者選びの判断ができたらいいと思いませんか?
右の家と左の家は同じ団地内の敷地に建てられた住宅です。
左は気密性能0.2cm2/m2の住宅でツララも結露も見られませんが右の住宅はツララと軒天、外壁に結露の現象が見られます。「ツララ」は温熱環境を表す数値ではありませんが目視で簡単に性能の良し悪しが判断できるものさしになります。その理由は天井断熱で低気密住宅の場合、暖房等で暖められた空気は小屋裏に移動し屋根の雪を溶かし、軒先の雪を融かし、外気温度が氷点下になると融けた軒先の雫が「ツララ」という現象を起こします。そのため屋根の雪が融けやすく、あるいは「ツララ」ができる住宅では室内の熱が流出する何らかの要因があることになります。原因の多くは隙間がある(低気密)とか、隙間が小さくても断熱性能が低いとか断熱欠損があると顕著にあらわれます。
その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

メンテナンスでクレームになった事例

気密住宅で20年使った石油ボイラーを交換したが気密を意識しない施工であったため温度低下と結露でクレームになった事例
組写真 コピー1

(写真1)施工後に給排気筒付近が異常に温度が低いことから熱画像で確認すると9.7℃と低くなっていた。(写真2)そこでその周囲の石膏ボードを剥がし目視で確認、ホルソーで貫通した部分の隙間を気密処理をしていないため給排気筒に結露が発生していた。(写真3)そこで断熱材(プラスチック系断熱材50mm)と給排気筒の隙間に一液性発泡ウレタンを充填、給排気筒の廻りにグラスウールを充填し断熱・気密を確保(写真4)補修後に熱画像で表面温度が上昇したことを確認(注)この現場は外張り断熱なため壁の中は120mmの空間になっているので給排気筒の廻りはグラスウールで断熱補修としている。最近、気密住宅を意識した断熱リノベーションが増えているがエアコンとか設備関係など壁を貫通させる業種では事例のように雑に施工されるケースが増えているのでクレームにならないように現場の管理は特に気をつけたいものです。
その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

冬の結露を防ぐ設計術と施工術 (冬型結露 解決編 )

271661482_4439769989465473_4575052695435410391_n.jpg

第6回
Joto Webinar シリーズ企画 「結露よ、さらば!」#6
【徹底解説】冬の結露を防ぐ設計術と施工術
~ 冬型結露 解決編 ~
【講師】
住まい環境プランニング 古川 繁宏氏
【モデレータ】
城東テクノ マーケティング部 野辺地 健太
【開催日】 2022年 1月18日(火)
朝の部:10:00〜12:00 (約120分)
昼の部:15:00〜17:00 (約120分)
※同一の講演内容です。
※講演途中に休憩をはさみます。
【ウェビナーのここが見どころ!】
結露の原因は、単一で起きていることは非常に稀です。作り手は基本を理解すればどんな工法でも対策が可能になりますが、そのためには正しい設計施工が求められます。高断熱高気密住宅を手に入れた住まい手は、結露は無縁と思っているかもしれません。結露のない家作りについて古川氏が詳細に解説いたします。
※今回は冬型結露の解決編になります。
【このような方におすすめ◎】
・冬の結露について気になる方
・冬の結露発生原因、リスクについて学びたい方
・高性能住宅を売りにしており、絶対に結露事故は起こしたくない方
その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

「結露よ、さらば!」第5回 冬型結露を引き起こす盲点 その「住まい方」大丈夫ですか?

Joto Webinar シリーズ企画 
「結露よ、さらば!(全6回)」の今回は第5回
【徹底調査②】冬型結露を引き起こす盲点
その「住まい方」大丈夫ですか?
~ 冬型結露 原因編 ~
【講師】
住まい環境プランニング 古川 繁宏氏
【開催日】 2021年 11月30日(火)
朝の部:10:00〜11:30 (約90分)
昼の部:13:30〜15:00 (約90分)
※同一の講演内容です。
※各講演の最後に質問会を実施いたします。質問の量によっては延長する場合がございます。
【ウェビナーのここが見どころ!】
築5年の住宅の天井裏、室内側の壁などに生じたカビ被害――気密や断熱の施工不良による結露が疑われるところですが、現地調査を進めると住まい方にも要因があることが分かってきました。サーモグラフィ、温湿度計測、気密測定、換気風量測定により明らかになった冬型結露の発生メカニズムを、古川氏が詳細に解説します。
※今回は冬型結露の原因編になります。次回のウェビナー(2022年1月)は冬型結露の解決編を予定しております。
【このような方におすすめ◎】
・冬の結露について気になる方
・冬の結露発生原因、リスクについて学びたい方
・高性能住宅を売りにしており、絶対に結露事故は起こしたくない方
※同業社様のご参加はお断りさせていただいております。予めご了承ください。
【視聴方法】
・本ウェビナーは、ZOOMウェビナーを用いた講演となります。
・本ウェビナーは、ネット環境があればPC・スマホから視聴いただけるオンラインのセミナーです。
・参加費は無料です。
お申し込みは城東テクノ株式会社のHPからお願いいたします。
furukawashi_11.jpg
その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ


「結露よ、さらば!」第4回 その通気経路は機能しない!? 現場でよくある通気のトラブルと解決策

Joto Webinar シリーズ企画 「結露よ、さらば!(全6回)」の今回は第4回。「その通気経路は機能しない!? 現場でよくある通気のトラブルと解決策」 を10/26(火)【朝の部 10:00-11:30 / 昼の部 13:30-15:00】 に開催いたします。 ご興味のある方は、ぜひご参加ください。
2021年10月26日(火) 朝の部10:00~11:30 / 昼の部13:30~15:00
20211026_webinar.jpg
【プログラム】
ベランダ下の空間や横長サッシの周りなど、「実は湿気の滞留が気になっている」という箇所は誰しも思い当たるのではないでしょうか。「結露よ、さらば」第4回では、現場のあちこちに潜んでいる通気不良を招きやすい部位について、注意すべき点と解決策をご紹介。住まい環境プランニング社の標準図面もご紹介しながら、外壁通気や軒先・軒ゼロにおける理想的な通気の取り方を解説いたします。

【このような方におすすめ◎】
・不良を招きやすい部位について気になる方
・理想的な通気の取り方をお知りになりたい方
・高性能住宅を売りにしており、絶対に結露事故は起こしたくない方
※同業社様のご参加はお断りさせていただいております。予めご了承ください。
【視聴方法】
・本ウェビナーは、ZOOMウェビナーを用いた講演となります。
・本ウェビナーは、ネット環境があればPC・スマホから視聴いただけるオンラインのセミナーです。
・参加費は無料です。
お申し込みは⇒https://info.joto.com/l/901461/2021-10-04/58548i
その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

「結露よ、さらば!」のオンラインセミナー

第3回
Joto Webinar シリーズ企画 「結露よ、さらば!」#3
【徹底解説】結露対策のプロに学ぶ 夏型結露を防ぐ設計術と施工術

【講師】
住まい環境プランニング(同) 弊社代表の古川 繁宏

【開催日】2021年 9月14日(火)
朝の部:10:00〜11:45 (約105分)
昼の部:13:30〜15:15 (約105分)
※同一の講演内容です。
furukawashi_8.png


【ウェビナーのここが見どころ!】
高温多湿な外部環境に、突然の夕立や台風の到来――夏型結露への対策は高い湿度と雨水浸入リスクへの備えがカギとなります。「結露よ、さらば!」第三回では、夏型結露を防ぐ具体的な設計術と施工術について、住まい環境プランニングの古川氏が徹底解説。雨水浸入を防ぐための基礎周りや屋根周りの設計術、施工現場でのよくある問題への対処術のほか、近年増えつつある空調システムにまつわる結露リスクもご紹介します。


【このような方におすすめ◎】
・気密・断熱には気を付けているけど、結露対策になっているのか不安のある方
・「夏型結露」という言葉をよく聞くため、漠然とした不安を感じている方
・ 高性能住宅を売りにしており、絶対に結露事故は起こしたくない方
※同業社様のご参加はお断りさせていただいております。予めご了承ください。

【視聴方法】
・本ウェビナーは、ZOOMウェビナーを用いた講演となります。
・本ウェビナーは、ネット環境があればPC・スマホから視聴いただけるオンラインのセミナーです。
・参加費は無料です。
お申し込みは⇒https://info.joto.com/l/901461/2021-08-20/3vbd9?_ga=2.232033311.1282488365.1629990024-1817931557.1629990024
その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

「断熱・気密施工技術エキスパート育成研修会」のご案内

「断熱・気密施工技術エキスパート育成研修会」のご案内
2025年まで全ての新築住宅を対象に省エネ基準の適合義務化が検討され始めている状況下、断熱レベルの底上げが今後ますます進められています。一方、図面上では省エネ基準を満たした住宅であるにもかかわらず、「暖かい家と言ったのに寒い!」「結露が出ないと言ったにに結露が出る!」「床下からカビの匂いがする!」暖冷房費が思っていたよりかかる!」といったクレーム事例が多くあります。そこで今回はクレームの出ない家づくりのための断熱・気密理論と、実際の現場(繊維系断熱材、発泡プラスチック系断熱材を使用しての施工技術を学ぶ研修会を企画いたしました。
そうか!何だ、そうだったのか⁉ 目からウロコが落ちる!内容となっておりますので、ぜひご参加下さいますよう、宜しくお願いいたします。
参加申し込みは別紙参加申し込み書からお願いいたします。
講習会についてのお問い合わせは東北アキレス(株)高橋まで
TEL:022-214-8611 FAX:0222-214-8633dc051305 - コピー
その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ


日経ホームビルダー10月号に掲載されました。

日経ホームビルダーの3月号に弊社古川代表の連載記事「高断熱工法の○と✕」が掲載されました。掲載内容については日経BP社に著作権があるため、詳細に触れれませんが興味のある方は日経BP社にお問い合わせ下さい。
日経BP書店ホームページ↓↓
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/hb/18/HB_backnumber/202103/?fbclid=IwAR03GLgIsBeqsLMw09jfAXItzcfVpVzZGe9ifRLH7xeSD8KSc6H_OhwPqI8
https://xtech.nikkei.com/.../mag/hb/18/HB_backnumber/202103/
日経ホームビルダー3月号

その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ


木製サッシの結露対策

今日の最低気温は-10℃前後の寒い一日でした。朝方の8時頃の外部温度は-5.1℃で室内は21℃の温度環境で我が家の木製窓が結露していました。我が家は21年前の1999年7月にデンマーク製の木製サッLOW−Eガラス(アルゴンガス入り)の窓を採用した家です。(当時としては最先端で木製でドレーキップ、オーニング、ヘーベーシーベを採用)写真のように木製サッシであってもガラス下端に結露が発生し、水玉ができています。表面結露の集合体(水)です。この時の結露発生付近の相対湿度は53.9%で温度は15.3℃を示していて露点温度は6.0℃を計測しています。つまり、この窓付近の温度が6.0℃になると表面結露が発生しますよ!ということのお知らせなのですが、それではどの部分から露点温度に達するのでしょうか?その、結露が発生するポイントを探します。
131508491_3853268898050466_3231991253262450626_o.jpg

写真①はレーザー式表面温度です。測定ポイントは●印の所です。ここではペアガラスのアルミスペーサー部分を測定しています。レーザーポイントがスペーサーを照射しています5℃を指しています。
写真②ではペアガラスのグレチャン(ガラスを抑えるビート)の表面の温度を測定、6℃であることが確認できます。つまり、露点温度は6.0℃でしたから、先ず最初に結露はここのグレチャンから始まるだろうことが推測されます。
しかし、写真①ではグレチャンの表面温度より低い5℃ですから温度だけから判断すると最初に結露が出るのはこの中であるように思われますがペアガラスの中空層は室内より乾燥空気で水蒸気量が少ない(絶対湿度は低い)ので温度が低くても露点温度は高いことが推測されます。
写真③はグレチャンより室内側の木製の障子の下端を測ると10℃
ついでに周囲の表面温度も測ってみました。
写真④は18℃写真③と同じ木製サッシの障子ですが、こちらは縦枠を測っています。写真③では10℃でしたから8℃の温度差が出ています。
同じ場所の障子なのに高さが少し違っただけでこんなに違うのです。(それは何故なんでしょうか?)
実はこれ!コールドドラフトを防ぐために窓下にはパネルヒーターが設置されていますが机の左に設置されている所はテーブル代わりになり、パソコンやケーブルが乱雑に置いたため空気の流れが悪くコールドドラフトを防ぐ役割を果たしていないのです。そのため窓の直下は寒く、窓上は高い温度になっています。
写真⑤は室内側の4方枠の縦枠・・の表面温度は22℃です。
写真⑥は室内側の壁面の・・・表面温度は写真③と同じ22℃です。
検証の結果は?暖房器があるにもかかわらず断熱性能が低いアルミスペーサーが原因で窓下面の表面温度を上げることができなかったこと、さらアルミスペーサーが外気の-5℃の影響を受けて露点温度に達してしまい結露が発生!と考えられます。
131899662_3853269248050431_6208143193832043541_o.jpg
簡易の改善策は写真2のように下枠に木の押縁を追加することで改善されましたが市販のシート、テープ類写真3では結露防止には役に立ちませんでした。最近ではアルミスペーサに変わって樹脂スペーサーになっているサッシが多くなりました。樹脂スペーサーはアルミと比較すると熱伝導率が約1000分の1しかありませんのでペアガラスのスペーサーを樹脂製に変えることでと断熱効果がさらに上がり安定感のある室内環境を実現できます。
さらに、高断熱サッシの結露に原因と改善策の詳細解説について知りたい方は日経ホームビルダー編者の「100の失敗に学ぶ結露完全対策」26P~29Pに記載されていますのでご覧下さい。

日経ホームビルダー12月号に掲載されました。

日経ホームビルダーの12月号に弊社古川代表の連載記事として「高断熱工法の○と✕」が掲載されました。
組写真
掲載内容については日経BP社に著作権があるため、詳細に触れれませんが興味のある方は日経BP社にお問い合わせ下さい。↓↓
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/hb/18/00057/111700004/
その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ



日経ホームビルダー10月号に掲載されました。

日経ホームビルダーの10月号に弊社古川代表の連載記事として「高断熱工法の○と✕」が掲載されました。掲載内容については日経BP社に著作権があるため、詳細に触れれませんが興味のある方は日経BP社にお問い合わせ下さい。
日経BP書店ホームページ↓↓
https://www.nikkeibpm.co.jp/item/hb/795/saishin.html
組写真
その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ



日経ホームビルダー8月号に掲載されました。

日経ホームビルダーの8月号に特集記事として松尾さんの「しくじらないエコハウス」の特集の掲載されました。掲載内容については日経BP社に著作権があるため、詳細に触れれませんがエコハウス造りには必読です。また、84Pには弊社古川代表の連載記事「高断熱高法の〇と☓」も掲載されました。興味のある方は日経BP社にお問い合わせ下さい。
日経BP書店ホームページ↓↓
https://www.nikkeibpm.co.jp/item/hb/795/saishin.html

組写真(修整1)
その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ


theme : 建築
genre : 学問・文化・芸術

日経ホームビルダー5月号に掲載されました。

日経ホームビルダーの5月号に連載の第一回目として「高断熱住宅の〇と☓」で掲載されました。
掲載内容については日経BP社に著作権があるため、詳細に触れれませんので興味のある方は日経BP社にお問い合わせ下さい。

ご購読ありがとうございます。
組写真(修整1)

その他のエコ住宅の情報はこちら

       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ


断熱リフォームも通気層工法で

これまでの壁構造は、外壁そのものにいくつもの多くの機能を持たせていました。このため、外からの水に対しての防御は徹底的にコーキング等でシールするしか防水に対して効果は望めませんでした。木造住宅の損傷が大きくなる理由には通気層がない壁構造には内部結露等の大きな問題があることがわかってきました。外壁材そのものに過度の防水性を持たせると、シールが切れた時には、ポンピング現象と言って、風の圧力で水が壁の奥まで侵入してしまいます。外壁の性能は気密性能よりも高い水密性能が要求されます。

通気層工法には大まかに外壁に雨避け、風避けの役割を持たせて外壁の役割を分離させることで、雨漏りのほとんどをなくすることが可能となりました。万一外壁に雨が入ったとしても、通気層を通じて下に落下するので壁の中まで雨が侵入することはなくなります。もちろん断熱・気密層の施工に欠陥があれば通気層があっても、そこから雨水が侵入することがありますので気密処理は丁寧に行わなければなりません。
組写真
内断熱(充填断熱)工法であればタイベックシートの施工には必ず防水テープで防水処理が必要です。意外と多くの現場ではタッカー止めだけの施工になっているようです。写真①の問題点は外壁張られたタイベックシートは防水のために一応下部から上部に向かって施工されているもののジョイント部には気密・防水テープがありません。また横胴縁の施工方法は通気できない施工になっています。
写真②のようにタイベックの施工が丁寧に防水テープで処理されている現場では機能が100%発揮されるので風の影響はなくすることができ、断熱材に含まれた熱を逃すことありません。高断熱・高気密住宅は断熱・気密が高い性能がある分、冬は快適な室内環境も夏に室内に取り込まれた熱は排熱されずオーバーヒートを起こしてしまうことがあります。外壁材は夏の強烈な陽射しによって外壁を熱し、熱は伝導によって外壁を通じて内壁まで伝えるため内壁の表面温度が室温より高くなってしまい不快な体感温度を体験することになります。
そこに外壁材と内壁材[断熱材)の間に通気層があると、いったん熱の伝導を遮ることになり、熱せられた外壁材の熱は通気層を通り上部に排出されます。
外壁材の中には断熱サイディングのように外壁材の裏側にウレタン材があるものは強烈な陽射しがあっても通気層内の温度を和らげる効果があります。
このように通気層は室内の表面温度を高くしてしまうことを防ぐ機能もあるのです。
最も重要な項目で透湿機能を果たす役割を持つ防水透湿シート(タイベック)の存在、タイベックは水を通さずに水蒸気は通す機能があることは周知の通り、これは目には見えないが水の分子よりも小さく、水蒸気よりはるかに大きい穴が開いているためで、この穴を通して水蒸気が排出される機能があります。もともと通気層は壁の中に流れ込んできた水蒸気を早く排出させようと考え出された工法であって壁内結露との戦いの中で生み出されたものです。通気層なしで施工された写真①のようなケースがまだまだ多くありますが、暑さ対策+壁内結露防止になる通気工法を是非標準に採用してもらいたいものです。
(注)写真1の断熱リフォームの施工方法⇒室内側は既存のままにし、外側から既存の外壁を剥がし外側からGW16kg/m3100mmを充填し(防湿シートなし)タイベックシートを張り、横胴縁で押さえて外壁を縦張りに施工する方法になっています。通気胴縁は横に取り付け通気できる施工方法になっていないので通気層の役目は不十分で結露の危険大です。意外と写真①のように施工されている現場は多く見受けられます。


ご購読ありがとうございます。
その他のエコ住宅の情報はこちら

       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

日経ホームビルダー10月号に掲載されました。

日経ホームビルダーの10月号に「全館空調の実力を検証する」のテーマで「トラブル・不具合の事例」で掲載されました。
10月号では「エアコン1台から2台程度で全館空調」を提案する住宅会社が続々登場しているとともに「トラブル・不具合の事例もある」の特集となっています。掲載内容については日経BP社に著作権があるため、詳細に触れれませんので興味のある方は日経BP社にお問い合わせ下さい。
組写真
日経ホームビルダー10月号⇒https://www.nikkeibpm.co.jp/item/hb/795/saishin.html

ご購読ありがとうございます。
その他のエコ住宅の情報はこちら

       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ



換気システムの メンテナンス(掃除)はしていますか?

住宅を引き渡しする際は換気マニュアルをお渡しし取り扱い説明をするのですが掃除を実行されている方はそう多くはいません。数年経過して匂いやガラスに結露が発生したりして「欠陥住宅ではないか?」という問い合わせがけっこうあります。私もそうなんですが自宅の天井を特に換気の吸気口は吸い込み音が聞こえている間は見ることもないし、気にしないものです。
●掃除をするのが面倒臭い人にはお奨めです。
但し風量がおよそ20%ダウンしますので注意が必要です。
換気風量を設定する時に20%増しの0.625回/hにしてもらいこの小物を使えば0.5回/hになり便利です。
稀に新築当時から吸気(排気)能力が少ない換気システムを設置されていることがあります。この状態ではこの小物をセットしても吸う力がないためにすぐ落下します。
テイッシュを当てて落ちない程度であれば大丈夫です。
試してみてはどうでしょうか。
写真一枚目は第三種換気装置の吸気口に小物をつけた状態で写真二枚目は排気フードの目詰まりを起こした状態(防虫ネットはなくても掃除しないと目詰まりをお起こし換気本体にダメージを与え交換を余儀なくされます)
49zjawnja1njlfmtm4mjayykq_20190904012242a6e.jpg
s-hj.jpg

ご購読ありがとうございます。
その他のエコ住宅の情報はこちら

       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ



換気システムの施工ミス!

換気システムの施工ミス!
二種類の換気システムが設置されているトイレは施工ミスです。天井にはセントラル換気システムの吸気口、壁に個別換気の排気口が設置されています。全館暖房(パネルヒーター)なのにトイレだけが寒いということでの相談でした。外壁の個別換気は稼働していない時は風圧シッターの隙間が給気口になり外気を誘引するショートサーキット現象が寒さの原因でした。
解決策は個別換気に一液性ウレタンを充填して密閉し気密化を図ります。外気を導入する給気口は外壁側に取り付けてありますので室内は負圧になり、外気は給気口から室内に入りトイレのドアの下端のスリットを通り、天井の級気口(排気側)を通りユニットバスの天井裏に設置されてある換気本体を経て外部に排出されます。写真2枚目は個別換気にウレタンを充填した状態です。

67292461_3484855591540494_4722075976538783744_o.jpg

67611920_3484855578207162_998741000543272960_o.jpg


ご購読ありがとうございます。
その他のエコ住宅の情報はこちら

       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ




日経ホームビルダー7月号に掲載されました。

日経ホームビルダーの7月号に「顕在化する夏型結露トラブル」のテーマで掲載されました。
蒸し暑い梅雨や夏季に壁内の室内側が結露する「夏型結露}(逆転結露)のトラブルが東北地方だけではなく関東地方、東海地方でも起こっています。7月号では近年起こった夏型結露の事例と実大試験体による夏型結露の再現実験の特集となっています。
掲載内容については日経BP社に著作権があるため、詳細に触れれませんので興味のある方は日経BP社にお問い合わせ下さい。

組写真
日経ホームビルダー7月号⇒https://www.nikkeibpm.co.jp/item/hb/795/saishin.html

ご購読ありがとうございます。
その他のエコ住宅の情報はこちら

       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

結露・防蟻のクレーム地獄からの脱却!(セミナーの案内)

結露・防蟻のクレーム地獄からの脱却!
「結露・防蟻技術セミナー」を開催いたします。
高い断熱・気密性の住宅が普及するとともに結露・シロアリのクレームも増えています。
そこで弊社の古川代表から日経ホービルダー発行の「100の失敗から学ぶ結露完全対策」を元にノンクレームの方法を解説いたします。また日本ボレイトの浅葉健介氏には「住宅の劣化対策」にホウ酸の必要性、注意点など予備知識、施工方法を解説いたします。受講料は無料!です。
日時:2019・6・13(木)
   13:00開場(13:30~16:30)
主催:株式会社デコス富士
協力:株式会社デコス 日本ボレイト
会場:富士市交流センター(静岡県富士市富士町20番1号)
電話:0545-65-5523
61677265_2467336319977071_3358133760787742720_n.png

その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ

100の失敗に学ぶ結露セミナー

セミナーのご案内です。
日本住環境㈱主催の無料セミナー
(大阪・福岡・岡山・名古屋・東京)で弊社古川が結露の事例をもとにお話しさせてもらいます。
ご興味のおありの方は是非お越しください。
62064848_2472579569452746_8936023061006647296_n.jpg
その他のエコ住宅の情報はこちら
       ↓                 ↓
にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキングへ


プロフィール

昆寛(コン ヒロシ)

Author:昆寛(コン ヒロシ)
住まい環境プランニング(同)
(高性能住宅設計:技術顧問)

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログランキング
FaceBookファンページ
エコハウスコンテスト
検索フォーム
QRコード
QR
俺の家は高性能!
track feed 俺の家は高性能!